【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギター初心者のリズム練習、色々な音符でカウントをとってみる!

ギター演奏にとってドレミはとても大切ですが、それと同じくらい大切なのが、カウントを正しくとることです。

 

カウントをとるというは言い換えれば、拍子をとるということ、リズム感や音符を読む基本となるので、実際の音を聞いて練習してみましょう。

 

 

音符の長さの基礎知識はこちら(音符を読んでTAB譜を理解しよう!音符、休符の種類と長さ)でも紹介していますが、

 

 もう1度図で説明すると、こんな感じです。

 

 

f:id:guitar26:20190107194201j:plain

 

 

 これらを参考にして、実際にカウントの練習をしてみましょう。

 

 

ギター初心者のリズム・カウント練習 

 

・4分音符を基本にしたカウントの練習

4拍子では「1・2・3・4」の繰り返し、3拍子では「1・2・3の繰り返しになります。実際に音を聴きながら、一泊一泊が、きちんと同じ長さになるように十分注意しましょう。

 

・4拍子

f:id:guitar26:20190108005001j:plain

 

 ・3拍子

f:id:guitar26:20190108010449j:plain 

 

 

 

・8分音符を基本にしたカウントの練習

 

f:id:guitar26:20190108011259j:plain

 

 

 

全音符、2分音符、4分音符を使ったリズムトレーニング

4分音符のカウントを基本にして、休符も含めたトレーニングをやってみましょう。

 

 

f:id:guitar26:20190108012954j:plain

 

 

 

 

 いろいろな音符でのリズムトレーニング

まだまだあります。いろいろなパターンを練習して音符でのリズム感を養いましょう。

 

・練習:1

f:id:guitar26:20190108015349j:plain

 

※2回繰り返しで流れます。

 

 

・練習:2

 

f:id:guitar26:20190108020853j:plain

 

※2回繰り返しで流れます。

 

 

・練習:3

 

f:id:guitar26:20190108021629j:plain

 

※2回繰り返しで流れます。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

ギター演奏にとってドレミと同じくらい大切なのが、カウントを正しくとることです。

 

ズム感や音符を読む基本となるので、実際の音を聞いて練習してみましょう。