【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギター初心者でも簡単に弾けるパワーコードをマスターしよう!

ギター初心者が最初に覚えたいのはコード、

 

コードとは日本語で和音のことでド・ミ・ソなど同時に鳴らすこと、複数の音が同時になることで、重なり響き合う音が出せるのです。

 

また聞いて心地よい音の組み合わせには、ルールがあり3つの音で構成される3和音が基本となりますが・・・

 

ギター初心者の方には、ちょっと難しくて弾きにくいし覚えづらいんです。

 

中にはコードを覚えるのが面倒でやめてしまう方も・・・・

 

 

でもちょっと待ってください。

 

もしあなたも、コードを覚えるのが面倒で諦めそうになったり気分を変えたくなったら、パワーコードを覚えてみませんか?

 

普通のコードより簡単なので挫折せずに楽しくギターを練習することができますよ。

 

 

パワーコードとは?

パワーコードとはその名の通り、弾くことで力強いフレーズが弾けるコード、普通のコードとは違い押さえるのが簡単なので、初心者にとっても魅力的です。

 

基本的に2本の指で2本の弦を押さえるだけで、太く力強いロックの音を簡単に弾くことができます。

 

 

基本のパワーコード(6弦ルートと5弦ルート)

パワーコードは2つの音で構成されています。

 

ルート音とは、ゴードのメイン(ベース)となる音で6弦にルート音を置いたフォームと5弦にルート音を置いたフォームがあります。

 

メイン(ベース)となる音が違うだけで指の形は同じなので横にズラすだけで数多くのパワーコードを一気に覚えることができます。

 

 

f:id:guitar26:20181221011743j:plain

 

f:id:guitar26:20181221013314j:plain

6弦1フレットを人差し指で、5弦3フレットを薬指(小指)で押さえます。鳴らすのはこの2つの弦だけ、×印の場所は鳴らしません。

 

 

 

f:id:guitar26:20181221012016j:plain

 

f:id:guitar26:20181221013823j:plain

 

5弦1フレットを人差し指で、4弦3フレットを薬指(小指)で押さえます。鳴らすのはこの2つの弦だけ、×印の場所は鳴らしません。

 

 

パワーコードの押さえ方

パワーコードの押さえ方は人差し指をルート音、もう1つを薬指で押さえる方法と、小指で押さえる方法があります。

 

f:id:guitar26:20181221014744j:plain

 

f:id:guitar26:20181221015906j:plain

 どちらでもOKですが最終的には、両方使えるようになっておくのがベストです。

 

 

 

またルート音が開放弦になるコードもあります。

Aのパワーコードはパターン当てはめると、通常このような形です。

 

が・・・・・・・・・・・

 

 

f:id:guitar26:20181221021328j:plain

 

 

f:id:guitar26:20181221022043j:plain

 

 

このように、AのパワーコードやEのパワーコードなどはルート音を押さえる必要がないので、もう1つの音の方を人差し指で押さえます。 

 

 

パワーコードの弾き方

 

パワーコードは上記のように、2本の指だけで弾くことができるので覚えるのが簡単です。

 

でも簡単だけど、狙った弦を弾かないと余計な音が出てキレイな音になりません。最初は気軽に楽しみながら弾くと良いですが、練習を重ねて、ピッキングのコツと弦を押さえる時のコツなどをマスターしておきましょう。

 

ピッキングのコツ

 

f:id:guitar26:20181221023606j:plain

パワーコードといえばダウンピッキングです。

押さえている2本の弦のみをピッキングすることで力強くキレイな音が出ます。

 

 

f:id:guitar26:20181221023956j:plain

パワーコードをストロークで弾く時は、2本の弦以外が鳴るとキレイな音になりません。鳴らしたくない弦はしっかりミュートしておく必要があります。

 

 

弦を押さえてミュートする時のコツ

 

5限ルートのパワーコードでは人差し指でミュートしましょう。

 

通常5限ルートを普通に押さえるとこのような形になります。

 

f:id:guitar26:20181221024823j:plain

写真をよく見てください。

もしこのまま5弦と4弦を狙ったのにピッキングをミスって6弦にピックが当たってしまうと雑音が出てしまいます。

 

そこで、6弦をミュートしましょう。ミュートする方法はこちらです。

 

 

f:id:guitar26:20181221025338j:plain

 

このように人差し指の先端を6弦に軽く触れさせることでミュートの状態となり、6弦にピックが当たったとして、音が出ないので余計な雑音を回避することができるのです。

 

 

またストロークの時には4〜1弦までのミュートも必要です。

 

f:id:guitar26:20181221030405j:plain


鳴らしたくない弦はこのように、人差し指の腹で軽く触れてミュートさせておきましょう。

 

 

パワーコードのポジションについて

 

 それでは、このパワーコード、2本の指を使ったポジションを覚えていきましょう。

 

指の形はそのままで、同じフォームを縦・横にズラすだけで全てのパワーコードを押さえることができます。

 

 

また6弦と5弦で同じ音が鳴る場所が存在することも一緒に覚えておきましょう

 

f:id:guitar26:20181221093747j:plain



 

例えば上の写真を見ながら1フレットを確認してみてください。

6弦の1フレットがFのルート音となり、5弦の3フレットがもう1つの音となります。

 

つまりこの2つを押さえるだけでFコードが完成するのです。

 

そしてこのFコードから右にずらしていくことで、G、A、B、C、D〜の順番で簡単にコードを覚えることができます。

 

さらに12フレット以降は同じ音の繰り返しとなります。こうやってパワーコードの法則を覚えれば簡単に多くのポジションを知ることができるのです。

 

 

5弦ルートのポジションも考え方は同じです。

 

 

f:id:guitar26:20181221093811j:plain

 

よく見ると、6弦ルートにも5弦ルートにも、A、B、C、Dとポジションが違うのに同じ音が鳴るコードが存在しています。同時に覚えておくと便利です。

 

 

パワーコードは弦の移動が簡単!!

通常のコードでは、コードチェンジをする時、指の動きを大きく変える必要があります。ですがパワーコードのフォームは基本同じなのでそのまま横にズラすだけです。

 

 

f:id:guitar26:20181221094706j:plain

 

 

パワーコードを弾いてみよう!!

パワーコードのルールがわかったところでそれでは実際に弾いてみましょう。いろいろなフレーズを用意したので、試してみてください。

 

 

練習1:弦移動なしのパワーコードフレーズ

 

パワーコード、GからAへ移動するパワーコードのフレーズです。左手のフォームを変えずに横に移動するだけで簡単に弾くことができます。

 

 

 

 練習2:開放弦を含むオープンパワーコード

こちらは開放弦を含むオープンパワーコードの練習です。Eコードは左手のフォームが変ります。人差し指1本で押さないといけないので注意しましょう。

 

例)パワーコード、Aのフォーム(Eもこのフォームと同じでポジションが変わる)

 

f:id:guitar26:20181221022043j:plain

 

 

 

 

 

練習3:弦移動ありのパワーコードフレーズ

次は横の移動と縦の移動が合わさったパワーコードフレーズです。GからCへ移動するときは弦から指が離れすぎないようにコンパクトにしましょう。

 

 

 

  

練習4:リズムを変えたパワーコードフレーズ

押さえるフォームがわかって来たらリズムの違いも意識してみましょう。音の長さを動画で確認して一緒に弾いてみてください。

 

 

 

 

練習5:タイでつながったパワーコードフレーズ

 

1小説目から2小説、3小説目から4小説目にかけてタイでつながっているので、リズムを意識しながら練習してみてください。

 

 

 

 

練習6:ダウンアップを使ったパワーコードフレーズ

 

ダウンピッキングとアップピッキングを使ったパワーコードのストロークです。リズムを意識しながら、押さえる弦以外は鳴らないようにミュートしましょう。

 

 

 

 

 パワーコードを覚えたら弾ける代表曲!!

 

実は、パワーコードを覚えだけでたくさんのカッコいい曲をギターで弾くことができるんです。

 

その代表とも言われる曲が、「小さな恋のうた / MONGOL800」です。

 

コレ、ほとんどパワーコードだけですよ!!すごいっすね。

 

 

 

 

 YouTubeにTABがあったのです参考にしてみてください。

 

 

 

 

ギターOFFの練習用バージョンもアップされてました。嬉しいですね。

 

 

 

 

まとめ

ギターを飽きずに楽しく練習したいならまずはパワーコードを覚えてみてはいかがですか?

 

「小さな恋のうた」を弾けるようになるぞ!!!

 

 

なんて目的を持った方がテンション上がること間違いなしです。楽しみながらギターの練習をしましょう!

 

 

おまけ 

私も練習して弾いてみました。