【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

エレキギターにおける基本的なピックの持ち方と注意点!!

エレキギターの演奏では、ピックを使っての演奏が一般的で、弦をピックで弾くことをピッキングと言います。

 

 

では、そんなピックの持ち方は一体どうすればいいのでしょうか?

 

実はピックの持ち方は千差万別で最終的には好みによって決まってきます。ですが、基本的なフォームはあります。

 

ここではまずピックの基本的なフォームを確認してみましょう。

 

 

ピックの基本的なフォーム

 

・人差し指と親指で挟んで持つ

f:id:guitar26:20181223221203j:plain

 

まず基本的にピックは、人差し指と親指に挟んで持ちましょう。

 

 

・基本的なピックの持ち方

まず、右手の人差し指を握るように軽く曲げます。

 

f:id:guitar26:20181223221547j:plain

 

 

軽く曲げた人差し指にピックを乗せましょう。

f:id:guitar26:20181223221740j:plain

 

ピックの上に親指を人差し指と挟むように固定しましょう。

f:id:guitar26:20181223222028j:plain

 

 

ピックの持ち方の注意点

ピックが指のより、少ししか出ていなかったり、出過ぎたりするのはNG!

f:id:guitar26:20181223222708j:plain

 

f:id:guitar26:20181223222723j:plain

 

 

 

目安としてはピックの先から指から1cmぐらい見えるようにするといいでしょう。

f:id:guitar26:20181223222432j:plain

 

深すぎず、浅すぎず握ってみよう!

上記の形がピックの持ち方の基本ですが、あまり深く握りこむとピックのコントロールが難しくなる恐れがあります。

 

実際に私も基本の持ち方にこだわりすぎた場合、手が硬くなって動きが悪くなりました。

 

親指の上側から人差し指の第1関節が見えるくらいを目安にして、他の指はふんわりと力を抜くのがコツです。ギュッと握りこんでしまうと力が入りすぎてコントロールが難しくなるので注意しましょう。

 

f:id:guitar26:20181223223433j:plain

 

 

・ピックは軽く持つのが基本です。

初心者のうちはピックを強く持ってしまう方がほとんどですが、ピックは弦に当たった時負けるように軽く持つのが基本です。

 

余計な力が入って硬くなりすぎていないか、少しぐらいぐらぐらするぐらいの硬さになっているか意識しましょう。

 

f:id:guitar26:20181223224046j:plain

 

まとめ

 

エレキギターには基本的なピックの持ち方がありますが、基本の持ち方であまりにも違和感がある場合は、深すぎず、浅すぎず握ってみよう!

 

いずれにせよ右手を力まずに弦をスムーズにピッキングすることは大切なので、 少しぐらいぐらぐらするぐらいで弾けるようにトレーニングしましょう。