【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギターのコードの仕組み、コードネームや種類について(初級編)

一つの音を単音と言いますよね、それに比べ、コードとは、日本語で「和音」といい複数の音が同時になることで重なり響き合う音のことです。

 

そしてコードは3つの音で構成される3和音が基本で、3和音のことをトライアドとも呼びます。

 

 

コードを丸覚えする方も多いですが、コードの仕組みを知ることでより曲を理解することが出来ます。

 

今のうちに覚えておきましょう。

 

 

コードネームについて

 

もう何度も紹介していますが、私たちが一般的に一番なじみのある音の表し方は、イタリア語読みの「ドレミファソラシド」ですよね、

 

ですがギターでは、「C・D・E・F・G・A・B」とアルファベットで表すのが一般的です。

 

f:id:guitar26:20190105191221j:plain

 

 

このドレミファソラシドを単音で表すとこうなります。

 

f:id:guitar26:20190105192203p:plain

 

 

 

このドレミを3和音にすることでコードとなります。

 

f:id:guitar26:20190105194246j:plain

 

 

 

これらコードを構成する音の中で1番低い音がコードのベース音となり、基準の音、ルート音という言葉で表されます。

 

つまりCコードの「ド」、Dコードの「レ」がそのコードのルート音ということになるのです。

 

f:id:guitar26:20190105203528j:plain

 

そしてこのコードの形を基本にして、和音の重なり方を変えると色々なコードの種類に変化します。

 

同じCコードでも響きが代わり、明るい音、暗い音、お洒落な音へとなるのです。

 

 

代表的なコードの種類について

ここではCコードを例にして代表的なコードを紹介します。

 

それぞれの特徴を覚えておきましょう。

 

・メジャーコード

 いわゆるコードの基本形、ド・ミ・ソの3種類で構成され、明るい響きが特徴、ポップスやロックでは欠かせない音

 

 

f:id:guitar26:20190105204131j:plain

 

・マイナーコード

Cメジャーを構成する3音のうち「ミ」を半音下げて「ミ♭」にしたコードをマイナーコードと呼びます。暗い響きでもの悲しさを感じる音

 

f:id:guitar26:20190105204708j:plain

 

 

・メジャー7th

ド・ミ・ソの3和音に、シの音を足したのがメジャー7th、広がりのあるお洒落な音になります。

 

f:id:guitar26:20190105205711j:plain

 

 

・マイナー7th

ド・ミ♭・ソの3和音に、シ♭の音を足すと、クールな印象のマイナー7thの響きとなります。

 

f:id:guitar26:20190105210133j:plain

 

 

 

・7thコード

ド・ミ・ソの3和音に、シ♭の音を足したのが7th(セブンス)コード、メジャーに比べて少し不安定な響きとなっています。

 

f:id:guitar26:20190105205407j:plain

 

・SUS4

 Cメジャーコードの「ミ」の音を「ファ」にした和音で明るくてふわふわした、ちょっと落ち着かない響きの音

 

f:id:guitar26:20190105210457j:plain

 

 

 

 まとめ

 

いかがでしたか?このようにコードにはルールがあり、そして構成を変えることで響きが変わることが理解できましたか?

 

 今回は、Cコードを例にして代表的なコードを紹介しましたが、D、Eなどそれぞれこのルールが適用されます。

 

 

まずはこんなルールになっているという基本だけ押さえておきましょう。