【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギターの音の配置やフレットの数え方を画像付きで紹介!!

ギターを初めて手にしたあなたは、どこの弦を押さえてどこの弦を弾けばどのような音が出るのか、全くわからないのではないでしょうか?

 

ピアノであれば、左から順番に「ドレミファソラシド」と並んでいることは何となく理解しているとは思いますが、ギターには6本の弦があり22〜24のフレットがあります。

 

 

どこを押さえれば「ド」の音が出るのか理解するのは始めはわからないものです。

 

 

そこでまずは、「ギターの音の配置」を理解することをおすすめします。

 

 

ギターの指板上の音の配置が頭に入っていると、これからコードやフレーズ、メロディーを覚えていく時に、どちらに指を動かしていけばいいのかイメージしやすくなります。

 

これからの練習に役立つので最初に覚えておきましょう。

 

f:id:guitar26:20181223184241j:plain

 

縦の軸は6弦から1弦に向かって音が高くなっているのを表しています。横の軸はヘッドからボディに向かっていくほど音が高くなっているのを表しています。

 

つまり、ギターでは6弦の1フレットが1番低い音で、1弦の22〜24フレット(ギターによって変わる)が1番高い音になります。

 

 

 

フレットの数え方

 ギターの音の高さの位置がわかったら続いてはフレットの数え方です。

 

 

f:id:guitar26:20181223185225j:plain


 フレットはヘッド側から1フレット、ボディ側に向かって数字が大きくなっていきます。

 

また何も押さえない場合は0弦(開放弦)として表現されます。指板上の3f、5f、7f、9f、12fなどには、ポジションマークという目印があるので、数える時に役立ちます、

 

 

まとめ

ギター初心者にとって、いきなりドレミファソラシドの位置を覚えようといってもなかなかすぐには覚えられないものです。

 

 

まずは、どちらに指を動かしていけば低くなり、高くなるのか把握するところからはじめてみましょう。