【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

TAB譜を自分で作成するソフトを使ったらギターの練習が楽しくなった話(無料より有料がおすすめ)

f:id:guitar26:20190103130741j:plain

 

今までTAB譜を自分で作成したいなんて、1度も思いませんでしたが、こうやって自分がギターを楽しみながら、情報を伝えるという立場になったら、TAB譜を作ることが出来ないと、伝わらないことが多いということに気づきました。

 

で、できれば無料で探したいですよね、

 

そう思うのは当然のこと、誰もが同じ考えだと思います。私も無料のTAB譜作成ソフトを探しました。

 

 

 

でもですね、結論からいうと、無料で使えるフリーソフトよりも有料のギタープロというソフトが1番よかったです。

 

無料でいろんなツールをインストールしたり、アンインストールする時間が無駄になったので、もしよかったら参考にしてみてください。

 

 

最強のTAB譜作成ソフト「ギタープロ」(Win/Mac)

f:id:guitar26:20190104170834j:plain

 

私はギターのTAB譜を作りたいという理由で、ギタープロを使ってみることにしましたが、このソフトはギターだけでなくウクレレやベース、ドラム、ピアノなどのタブ譜を入力することが出来ます。

 

しかも入力したTAB譜の音は実際にパソコン上で鳴らすことが出来ます。ギターのサウンドならディストーションやオーバードライブ、クリーンサウンド、ドラムやベースの音も数種類用意されています。

 

f:id:guitar26:20190104171715j:plain

 

トラックもたくさん追加できるので、ギターやドラムを重ねて鳴らすことも出来ます。(どれだけトラックの追加ができるのか試して見ようと15まで増やしてみました。それ以上は絶対重ねないと思ったのでそこでやめました。)

 

 で、何が良かったのかというと、ギターはもちろん、ベースやドラムのTAB譜も意外と簡単に入力することができるということです。

 

B'zの「STAY GREEN~未熟な旅は止まらない〜」という曲のリフをギタープロで作ってみたので参考にしてみてください。

 

 

 

動画でも紹介しましたが、ギタープロ7ではドラムやベースの演奏をバックにギターの練習をすることができるんです。

 

しかも、トラック別にボリュームを絞ることができるので、ギター2を絞ってギター1を練習できたり、ギター1を絞ってギター2を練習できたりと自由な練習ができるんです。

 

動画には撮りわすれましたが、さらに好きなテンポに変えることができるんで、ギターのみの音を出してスローなテンポで練習することができるんです。

 

めっちゃいいでしょ、ギタープロ!!

 

そんなギタープロ、アマゾンや楽天で買うことができます。

 

 

Arobas Music ギタリストのためのタブ譜・スコア編集ソフト Guitar Pro 7 ARGP70H111
by カエレバ

 

 

ですが、ネットで試用版がダウンロードできるのでそちらがおすすめです。

 

 試用版はギタープロ全ての機能が30日間、無料でお試しすることができます。実際に使ってみてから判断できるので安心ですよ。

 

・ギタープロの試用版はこちら>>

 

 

 無料で使えるTAB譜を自分で作成するソフト

 

 で、もうほとんど言いたいことは紹介しましたが、、一応無料で使えるTAB作成ソフトも紹介しておきます。

 

・Tuxguitar(Win)

 

タブ譜(TAB 譜)& 五線譜 を使って作曲することができるソフト。 専用のタブ譜 / 五線譜 上に、フレット番号や音符を入力していくことで、実際に楽曲制作を行うことができる MIDI エディタです。

 

Windows用でMacには対応していません。無料ソフトの中では1番よかったのですが、どうしても使いたい機能が使えなかったのでやめました。(ダウンアップストロークの記号)

 

 

Tuxguitarのダウンロードはこちら

 

 

・MuseScore(Win/Mac)

  

「MuseScore」は、高機能な作曲&譜面作成ソフトです。 画面に表示された五線譜 / TAB 譜上に、音符(やフレット番号)を直接入力していくことで楽曲制作を行うことができる... という WYSIWYG 型のビジュアル的な作曲ソフトです。

 

こちらもダウンロードしてみましたが、無料版だと、休符のマークが消えない(透明になるだけ)ので譜面の見栄えが悪いのでやめました。

 

・MuseScoreのダウンロードはこちら

 

 

 

まだ紹介しようと思ったのですが、これ以上は時間の無駄になりそうなのでやめときます。

 

 

 

ギタープロは1度試したらその良さがわかるのでぜひ使ってみてください。もう他のソフトは使えなくなりますが、その辺はご了承ください。