【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

エレキギターとは何ぞや?これからエレキギターを始める方へ

憧れのアーティストがギターを弾いていて、カッコいい、あんな風になりたい!!

 

・・・と思ってギターを始める方は多いと思います。

 

 

でもいざエレキギターを始めようと思っても、エレキギターについてあんまりわからない、

 

・・・という方も多いと思います。

 

そこでここでは、エレキギターって一体どんなことができる楽器なのかについて紹介していきたいと思います。

 

 

エレキギターとは?

f:id:guitar26:20181223202835j:plain

 

エレキギターとは、その名の通り電気の力を利用してアコースティックギターには出せないような、ロックでよく使われる音を出すことができる楽器です。

 

アンプに繋いで音量を調節したり、エフェクターという音を変化できる機器を繋いだりできるので多くの方に憧れの楽器として選ばれています。

 

エレキギターの役割

続いてエレキギターでできることや役割について紹介していきます。

・コード(和音)弾きでバンドをサポート

エレキギターでは、太いロックの音を出せるのが魅力ですが、クリーンなキレイな音も出すことができます。

 

アコギのように歌をサポートしたり、コードをバラバラに弾くアルベジオで音を重ねることによって、バンドのリズムなどサポート役に回ることもできます。

 

これはギターが6本の弦からできているから、コード(同時に鳴らせる音)が多いから様々な演奏することが可能です。

 

 

・単音でメロディが弾くことができる

 

コードでバンドをサポートするのも素敵ですが、何と言ってもエレキギターの醍醐味はカッコいいメロディ(旋律)が弾けることです。

 

様々なテクニックやアンプやエフェクターで色々な音が出せるのも魅力的な理由となっています。

 

 

・大音量でアンプから音を出すことができる。

エレキギターはアンプと繋げることによって大迫力で大音量でギターの音を出力することができます。

 

ギターアンプのつまみを変えれば低音や中音、高音など色々な音色を出すことができるのも人気となっています。

 

 

f:id:guitar26:20181223204809j:plain

 

 

・エフェクターで色々な音が出せる

エレキギターはアンプと繋げるだけでも大迫力の音を出せますが、エフェクターという機材を繋ぐことで色々な音を出して楽しむことができます。

 

f:id:guitar26:20181223205440p:plain

 

例えば、ロック系のエッジの効いた歪みサウンドやエコーが効いた残響効果など、様々な種類のエフェクターで色々な音を出すことができます。

 

 

まとめ

 

エレキギターでは、バンドのサポート的役割のコード(和音)演奏から憧れのギタリストが演奏している、印象に残るイントロ、ロック系のエッジの効いた歪みサウンドでのソロプレイまで、様々な演奏スタイルで楽しむことができます。

 

 

あなたも憧れのギタリストのようなサウンドをエレキギターで再現してみませんか?