【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギターのエフェクターの基本的な使い方や種類、基礎知識!!イメージ動画付き

エレキギターの楽しみといえば、何と言っても音色にさまざまな効果(エフェクト)が加えられることですよね。

 

エフェクトのかけ具合によっては憧れのアーティストのように表現力の高いギター演奏をすることができます。

 

でも、エフェクターといっても数が多すぎて良く分かりませよね。

 

そこでこちらではエフェクターの基本的な使い方や種類など、基礎知識を紹介していきたいと思います。

 

 

エフェクターの基礎知識

・エフェクターのつなぎ方

まずエフェクターは、ギター→エフェクター→ギターアンプの順番にシールドでつなぎます。

 

操作は足元のスイッチをオン/オフすることで使います。

 

 

f:id:guitar26:20190105223616j:plain

 

エフェクターの種類について

まずエフェクタは大きく分けて2種類に分かれます。それはコンパクトエフェクターとマルチエフェクターです。

 

・コンパクトエフェクター

 

 

1台につき1種類のエフェクトがかけられるエフェクター、例えば歪み効果があるディストーションなら、ディストーションのエフェクトしかかけられないが、その機能に特化しているので、その効果に関しては、マルチエフェクターより一般的には優れている面が多くなっています。

 

色々な種類のエフェクターを同時につなぐことができ、つなぐ順番でも音質が変わる

 

・マルチエフェクター

 

 

コンパクトエフェクターとは対照的に、1台でさまざまなエフェクトをかけることができるのが、マルチエフェクター、1台、1台、エフェクターを買わないでいいのでコストを抑えることができます。

 

1台で複数のエフェクトを組み合わせたり、ワンタッチで、いろんなエフェクトを呼び出せたりするのでとても便利です。

 

コンパクトエフェクターの種類

 

マルチエフェクターは様々な音が最初から入っていますが、コンパクトエフェクターは自分で好みの音を選ばないといけません。

 

まずはどんなエフェクトをかけることができるのか、その種類を5つに分類して見てみましょう。

 

・歪み系

・ディストーション

 

 ハードロックやヘビーメタルに良く使われるエフェクターで、パワフルで力強い歪みサウンドを作ることができます。

 

 

・ オーバードライブ

ディストーションと同じく歪みを得られる効果ですが、ディストーションよりも歪みや穏やかで温かみのあるマイルドな音となっています。

 

 ・ファズ

元祖歪み系とも呼ばれるエフェクターで、ディストーションよりさらに強烈な濁った音、潰れたような音を出すことができます。

 

 モジュレーション系

・コーラス

ギターの原音にほんの少し遅れた音を追加することで音が揺れるようなエフェクトをかけ音に厚みや奥行きを与えることができます。

 

 

・フランジャー

 

  音を遅らせる仕組みでジェット機のようなエフェクトをかけることができます。金属的で強くうねるような音が特徴です。

 

 

・トレモロ

 音量を一定周期で上下させるエフェクター、音量の変化で断続的に音が聞こえる効果をもたらします。

 

 ・フェイザー

コーラスやフランジャーのように音を揺らす点では同じだが、音のフェイズ(位相)をずらして原音にミックスする仕組み、独自のうねりを生み出すことができます。

 

 

空間系

 ・ディレイ

ディレイとは遅延のこと、その名の通り実音に少し遅れた音を追加するエフェクターとなっています。山びこのような効果が特徴です。

 

 
 ・リバーブ

広い空間で演奏したような「残響音」を得られるエフェクター、ホールのような響きが特徴

 

 ハーモニー系

・オクターバー

原音に1オクターブや2オクターブ下の音を重ねて音に重厚感を持たせるエフェクター、機種によっては上にオクターブを重ねるものもある

 

 ・ピッチシフター

音程(ピッチ)をシフト(変化)させ、その音を原音に重ねるエフェクター、自由に音程を変えることができる

 

 

 フィルター系

 

・ ワウ

音のトーン(周波数)を変化させてペダルを踏むことによってワウワウと聞こえる効果が特徴のエフェクター、踏む度合いにより反応が変わる

 

・ワーミー

 Digitech社の商標製品、ワウが音のトーンを変化させるのに対して、こちらはペダルによってピッチ(音程)を変化させる