【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギター初心者が意外と知らない事、指板上のドレミ!こんなにあるの?

ギターを練習するにあたって、なんといってもまずドレミを覚えなければ始まらないですよね

 

そこでまずはギターの指板上のドレミを覚えることから始めてみましょう。

 

 

ギターの指板上のドレミの位置について

f:id:guitar26:20181227160820j:plain

これがギターの指板上の「ドレミファソラシド」の位置です。

5弦の3フレットからはじまり、4弦の開放、4弦の2フレットと続いていきます。

 

 

でも、実は「ドレミファソラシド」指板上のポジションはこれだけではないんです。

 

 

f:id:guitar26:20190106181307j:plain

 

上の図とは押さえ方が違いますが、実はこれも全く同じ音の「ドレミファソラシド」です。

 

そして・・こちら

 

f:id:guitar26:20190106182612j:plain

 

8フレットに移動しても、同じ音の「ドレミファソラシド」なんです。

 

 

 

5弦だけで考えるとわかりやすいかもしれません。

 

f:id:guitar26:20190106184056j:plain

 

もちろんこちらも、同じ音の「ドレミファソラシド」です。

 

 

このようにギターには同じ音の「ドレミファソラシド」がたくさんの場所にあり、移動しやすい場所を選んで弾くことができる楽器なのです。

 

そしてこの「ドレミファソラシド」は次の「ドレミファソラシド」へと繰り返し続いて行くのです。(1オクターブ上)

 

 

f:id:guitar26:20190107185409j:plain





 

このようにギターには、オクターブ違いの「ドレミファソラシド」が指板上にたくさん配置されています。

 

 

 

 実際にドレミを弾いてみよう

 

先ほども紹介しましたが、ギターでは様々なポジションでドレミを弾くことができます。

いきなり全てを覚えるのは大変なので、まずはドの場所を把握して、そこからドレミを弾いて練習しながら覚えていきましょう。

 

f:id:guitar26:20190106203510j:plain

f:id:guitar26:20190106205555j:plain

 

 

f:id:guitar26:20190106212253j:plain

 

 

 

 

1、低音域のドレミの練習

f:id:guitar26:20190106200105j:plain

 

f:id:guitar26:20190106200807j:plain

 

f:id:guitar26:20190106201027j:plain

 

f:id:guitar26:20190106201345j:plain

 

 

2、中音域のドレミの練習

f:id:guitar26:20190106212447j:plain

 

f:id:guitar26:20190106212757j:plain

 

f:id:guitar26:20190106212151j:plain

 

f:id:guitar26:20190106213152j:plain



f:id:guitar26:20190106213614j:plain

 

 

 

3、高音域のドレミの練習

f:id:guitar26:20190106213921j:plain

 

さらにオクターブ上の音階

 

 

f:id:guitar26:20190106213839j:plain

 

 

「ドレミファソラシド」を弾く時のルール

 

「ドレミファソラシド」など、スケールやメロディーを弾く時には、1フレット音は人差し指、2フレットは中指、3フレットは小指と使う指を決めてから弾くのが基本です。

 

このルールを守って練習するのが上達への近道となるのでしっかりと覚えておきましょう。

 

 

 

f:id:guitar26:20190107185817j:plain

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

このように、ギターは1番低い「ミ」の音から数えると、だいたい4オクターブ分の音が指板上に散りばめられていることが分かります。

 

 

しかし今回紹介したように、ドレミの並びのルールを知っておけば、簡単に導き出すことができます。

 

これらを参考にして覚えてみてください。