【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギター初心者がまず覚えておきたい7つの基本のコード(ドレミ)

ギターを弾くにはまずコードを覚える必要があります。

 

でもコードって数えるとキリがないほど沢山あるんですよね、それらのコードの押さえ方はまず置いといて、

 

ここでは、ギター初心者がまず覚えておきたい基本のコードを紹介したいと思います。

 

基本的なC、D、E、F、G、A、Bのコードを順番に紹介していくので参考にしてみてください。

 

 

コードは大きく分けると2種類ある

まず、C、D、E、とコードを紹介する前に、コードは大きくわけると明るい響きを持つメジャーコードと暗い響きを持つマイナーコードという種類に分かれます。

 

そしてCのコードを、

明るい響きのメジャーコードで表すと、そのまま「C」(シー・またはCメジャー)

暗い響きのマイナーコードで表すと、「Cm」(シーマイナー)

 

というコードネームになります。

 

コード表の見方について

では早速紹介していきたいと思ったのですが、コード表の見方について紹介したいと思います。

 

 

f:id:guitar26:20190105170952j:plain

 

Cコードを参考にすると、○は開放弦、つまり何も押さえないで弦を鳴らすということ、×は鳴らしてはいけないのでしっかりミュートする必要があります。

 

あとはそれぞれ押さえる場所に、その指で押さえるかを一目で見ることが出来ます。

 

それでは上記を参考にして、ギター初心者がまず覚えておきたい基本のコードを学んでいきましょう!

 

Cメジャー・Cマイナーコード

f:id:guitar26:20190105171959j:plain



f:id:guitar26:20190105182359j:plain



 

 

 

Dメジャー・Dマイナーコード

f:id:guitar26:20190105173035j:plain

 

 

f:id:guitar26:20190105173151j:plain

 

 

 

Eメジャー・Eマイナーコード

f:id:guitar26:20190105173624j:plain

 

 

f:id:guitar26:20190105173806j:plain

 

 

Fメジャー・Fマイナーコード

f:id:guitar26:20190105175818j:plain

 

 

 

f:id:guitar26:20190105175907j:plain

 

 

Gメジャー・Fマイナーコード

f:id:guitar26:20190105174936j:plain



f:id:guitar26:20190105180918j:plain

 

Aメジャー・Aマイナーコード

f:id:guitar26:20190105182627j:plain



 

 

f:id:guitar26:20190105174313j:plain

 

 

Bメジャー・Bマイナーコード

f:id:guitar26:20190105180511j:plain

 

 

f:id:guitar26:20190105180353j:plain

 

 

 

コードはドレミの音で出来ている

基本的なC、D、E、F、G、A、Bのメジャーコードとマイナーコードを覚えたところで、Cコードの意味を少し知っておきましょう。

 

 

私たちは、音名と聞くと「ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ・ド」が聞き慣れていますよね、ですがギターではドレミのことを「C・D・E・F・G・A・B」とアルファベットで表されるのが一般的なんです。

 

つまりこんな感じです。

 

ド=C

レ=D

ミ=E

ファ=F

ソ=G

ラ=A

シ=B

 

ということは、Cコードはドのコード、Dコードはレのコードとも言えますよね、こういうこともしっかり知っておくとあとで役に立つので覚えておきましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

以上、ギター初心者がまず覚えておきたい基本のコードでした。

 

これら基本の形さえ覚えておけば、あとはコードのルールを使って、一気に覚えることが出来ます。

 

 

その方法はこちらでも紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

 

www.guitar-rock.biz

 

 

 

ちょっとだけコード理論

 

ここではまだ覚える必要はありませんが、コードはルート音を元に表記されています。

 

 

コードの説明でよく紹介されるルート音とは、基本的にコードの基準となる音で、「コードの中の1番低い音」のことです。

 

コード名は大文字で表記されますが、例えば「Am7」というコードであれば「A」がルート音になります。つまりコード名はこのルート音と他の音を積み重ねて出来ているという仕組みとなっているのです。

 

 

f:id:guitar26:20190104130622j:plain

 

 

この仕組みを覚えれば、コードも楽しく覚えることが出来ます。コードと一緒にルート音を覚えながら練習すると、指板上の音が効率よく覚えられますよ。