【オールド・ギタリスト】熱き鼓動の「エイジ ギター部屋 」2018〜人生の快楽〜

1度しかない人生、ワクワクしたいと40代の初心者が大好きな音楽・ギターを仕事にするためのドキュメント・ブログ

ギターのリズム練習、コードストロークで8ビートを弾いてみよう!!

ギターのコードを覚えたら、まずはダウンストロークで4ビートの練習からおこなうと思います。

 

4ビートとは4分音符が4つのバターンです。

 

f:id:guitar26:20190115145003j:plain

 

 

メトロノームの音が1拍を表していますが、こちらを聞くと1小節の中で1拍に合わせて4つ音が鳴っていることがわかると思います。

 

このようにダウンストロークで1拍ずつ弾くリズムを通常オモテのリズムと呼びます。

 

 

 

続いてこちらの8ビートのリズムをご覧ください。

 

f:id:guitar26:20190115155531j:plain

 

 

f:id:guitar26:20190115150559j:plain

 

 1拍目と2拍目の間、2拍目と3拍目の間などに1つずつ音が増えて、1小節に8つの音が鳴っていますよね。これが8ビートです。

 

もう1度メトロノームを意識しながら聞いてみてください。

メトロノームの1拍の間に鳴っている音がありますよね。これがウラ拍と呼ばれるものです。

 

8ビートのストロークでは、オモテ拍はダウンストローク、ウラ拍はアップストロークでリズムをとるパターンが一般的です。

 

f:id:guitar26:20190115164720j:plain

 

 

ではウラ拍の存在を意識しながら実際にストロークをやってみましょう。

 

8ビートの基本のリズム

 cコード

f:id:guitar26:20190115151854j:plain

1小節に8つの音が鳴っているのが基本です。 オモテ・ウラの交互で鳴らします。

 

 

 

続いてもう1つ良く使われる8ビートのリズムパターンを確認してみましょう。

 

f:id:guitar26:20190115153251j:plain

 

f:id:guitar26:20190115153625j:plain

 

 

 

一見、複雑に見えますが、これは最初に紹介した基本の8ビートのパターンから1拍目と2拍目の間のウラの音を抜いただけのものです。

 

f:id:guitar26:20190115170656j:plain

 

 f:id:guitar26:20190115153251j:plain

 

演奏のコツは、ストロークはそのままダウンアップを繰り返し、1拍目と2拍目の間のウラの音だけ空振りすることです。

 

そうすることでリズムを取りながらさまざまなストロークで8ビートを刻むことができるのです。

 

 

f:id:guitar26:20190115154947j:plain

 

f:id:guitar26:20190115171113j:plain

 

 

このようにリズムを口で言えるようになると弾きやすくなります。

 

では実際にやってみましょう

 

Cコード

f:id:guitar26:20190115155211j:plain 

 

 

 

f:id:guitar26:20190115160528j:plain

 

 

 

シンコペーション

f:id:guitar26:20190115161655j:plain

 

最後にもう1つだけ8ビートのリズム練習をしましょう。

今度は先ほどの1拍目と2拍目のウラ拍の空振りに加えて、3拍目のオモテ拍、ダウンストロークを空振りします。

 

f:id:guitar26:20190115162149j:plain

タイは音をつなぐ記号で伸ばした後の音は鳴らしません、このようにオモテ拍を空振りして伸ばすことを「シンコペーション」と呼びます。

 

f:id:guitar26:20190115163321j:plain

 

f:id:guitar26:20190115165438j:plain

 

では実際にやってみましょう

 

Cコード

f:id:guitar26:20190115163954j:plain

 

 

  

 

f:id:guitar26:20190115163611j:plain

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回はコードストロークで8ビートの練習を紹介させていただきました。

 

最初は慣れないと思いますが、基本の8ビートのリズムを意識して基本的にはダウンとアップストロークを繰り返すようにしましょう。

 

弾かない時でも空振りを意識することでリズムを一定に保つことが出来ます。まずはリズムを口に出して覚えるとやりやすいですよ。

 

 

ぜひ参考にして練習してみてくださいね。